守成クラブとは

守成クラブ 浜松会場 運営理念

  • 当会場は宝の山にある【創立者の伊藤小一】の理念に寄り添った運営を行う
  • 当会場の会員は相手の気持ちに寄り添い、気持ちの良い関係性を構築する様に努力をする。役員は会員、ゲストが気持ちよく例会参加が出来る様に運営をする。
  • ゲストや一般会員がお客様とならない様に、皆で積極的に関わり巻き込んでいく。
    (決して押し付けでなく、一緒の仲間になりたいと思われるようなかかわり方を)

★気持ちの良い関係とは!

・言いたい事は陰で言わずに、相手に直接伝える。
(尚、その時の言葉や伝え方には相手の気持ちを考えてみる事)
・相手との距離感も大切にする。
・商売を行う際には、三方よしを意識して行う事。

【三方よし】
近江(現在の滋賀県)に本店を置き、江戸から明治にかけて日本各地で活躍した近江商人。

彼らが信用を得るために大切にしていたのが、買い手よし・売り手よし・世間よしという「三方よし」の精神でした。

近江商人は「三方よし」をモットーに、自らの利益のみを求めることなく、多くの人に喜ばれる商品を提供し続けました。そうして少しずつ信用を獲得していったのです。

さらに彼らは利益が貯まると無償で橋や学校を建てる事をし、世間の為にも大いに貢献しました。

三方よしとは

「商いは自らの利益のみならず、買い手である顧客はもちろん、世の中にとっても良いものであるべきだ」
という現代の経営哲学にも通じる考え方なのです。

この「三方よし」の精神は現代の日常生活においても、相手よし 自分よし みんなよしという言葉に置き換えられる大切な考え方です。

  • 損して得(徳)を取る。を意識して商売を行う。
  • 役員会では批判は受け付けない。意見がある場合は改善案を提案する事。
  • 登録をした職業以外での会員間での商談には注意をする事。(副業をしている場合)
    (例)別の仕事を進める、商談内容をきちんと伝えない、名刺に書いていない事。

但し、相手が興味を示した場合は相互理解で行う事。

※守成クラブは商談会であり仕事で繋がって頂く事が大きな目標でありますが浜松会場では、会員一人ひとりの【人となり】が求められている事を念頭に置き積極的に関わり合いを作り、お互いの為に行動が出来る会場を目指します。

会員紹介

  1. けんた鍼灸院

    2018.12.26

    けんた鍼灸院
    藤枝会場のけんた鍼灸院の山本健太さんです。
  2. 合同会社セイルミツギ
    藤枝会場の合同会社セイルミツギの川嶋三次さんです。油脂洗浄剤の卸販売などをしています。