規約

守成クラブ浜松 規約

第1章  総則

(名称)

第1条 当会の名称は、守成クラブ浜松(以下「当会」という。)とする。

(定義)

第2条 本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

  1. 三役 代表、副代表、事務局長をいう(本部の規約上は、代表・会計・事務局となっている)
  2. 事務局 守成クラブ本部との事務手続き及び入会に関する手続きを行う。
  3. 副代表  例会を統括し、代表を補佐する。
  4. 会計  会の運営費を管理し、1年に1回会計報告をする。毎年12月
  5. 世話人 当会の運営に携わる者で代表により別に定められた会員
  6. 世話人会 三役、世話人で構成され、当会の運営に関連する事項を処理する機関(将来的には世話人だけで行う)
  7. ゲスト 取締役および役員、または事業主のうち、当会へ未入会の者

第2章 目的および事業

(目的)

第3条 今、我々中小企業を取り巻く経済環境は不安定であり、事業を国や行政に期待し頼ることができないのが実情である。そこで我々の生活基盤である会社を潰さず守り抜くため、全国の守成クラブ会員一人一人の顧客・人脈を持ち寄り、「商売繁盛」をモットーとし、「事業拡大」を前面に打ち出した仕事バンバンプラザ(以下、「例会」という。)の輪を全国に広げることを目的とする。

(事業)

第4条 当会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 毎月1回、例会を開催する。
  2. 会員相互のビジネス交流・経済交流・業務提携・共同事業を促進する。
  3. 不定期に、会員相互の親睦を図るための親睦会を開催する。
  4. その他、目的を達成するため必要な事業。
  5. 上記に関連する一切の事業。

第3章 会員

(会員)

第5条 当会の会員種別は、次のとおり定める。

  1. 準会員 入会届を出し、入会金および年会費を納めた者
  2. 正会員 当会にゲストを1名紹介し、ゲストが入会するに至った者
  3. ゴールド会員 正会員のうち、当会にゲストを10名紹介し、自己の紹介した10名のゲストが入会するに至った者
  4. ダイヤ会員 ゴールド会員のうち、他に1会場を立ち上げ、またはゲストを100名紹介し、自己の紹介した100名のゲストが入会するに至った者

(入会)

第6条 当会へ入会する者は次の条件を満たし、本条の規定を遵守しなければならない。

  1. 当会員の紹介による推薦を受けたこと。
  2. 法人の取締役または個人事業の代表者であること。
  3. 宗教・政治・まち金・風俗・暴力団関係・マルチまがい商法・ギャンブル・霊感商法・ネットワークビジネスおよび公序良俗に反することを業とする者を勧誘し、ゲスト参加及および入会させることはできない。
  4. 金融・投資関連業種は原則として入会させることはできません。ただし、法人として正当性をもって運営されている場合は、入会を認めることとします。正当性とは定款に記載されていることであり、その証明として、定款のコピーの提示が必要となります。かつ、三役会にて審議の上、入会の是非を決定するものとする。
  5. ゲスト参加および入会後において、前号に該当する者または関係者であることが明らかになったときは、第18条に定める世話人会の決議により入会の可否を決定する。入会が否決されたときは、当会の代表または副代表により、該当する者に通知する。
  6. 例会の受付時において、同条第3号に該当する者または関係者であることが明らかになったとき、三役は、この者に対して例会の参加を拒否することができる。このとき、該当する者は例会参加費の返還を求めることができる。
    ただし、この者の例会費に関しては紹介者が負担する事とする。
    紹介者が負担を拒否した場合は紹介者責任を問い、退会処分もありえる。
    (三役で審議とする。)
  7. 同条第3号に規定する以外の職種の者であっても、入会の後において強引な販売手法等ビジネスマナーに反する行為による問題が発生した者は、自ら退会届を当会に提出し、または当会からの除名処分により、退会するものとする。また、当会は、問題の内容について、すべての守成クラブ会場にこれを公表することができる。
  8. 準会員は、ゲストとして入会申込後、翌月の例会を期日として、第6条第1号に定める入会金および年会費の入金があった者のみ当会の会員とする。入金がないときは、翌月以降の例会に参加することができない。
  9. 特定の業種の会員数が著しく増加し、当会の運営に重大な影響を与えるおそれがある場合、その業種は入会制限を受ける。
  10. 当会の会員は、当会に対し、入会金および年会費を支払わなければならない。
    (例会への参加、罰則および禁止事項)
  11. 例会の出席の申込は、事務局の定める期限内にしなければならない。
  12. 参加届を出し、当日無断で欠席した者は(ゲスト及び会員)例会参加費の支払を免れることができない。この場合は会計担当者が欠席者に参加費の請求書を郵送し、欠席者は、これより1週間以内に参加費を当会指定の金融機関口座へ振込む方法で支払う。
  13. 参加届を出し、当日やむを得ず欠席する者が、例会開催日の3日前の22時までに事務局に対し欠席の通知をした場合、事務局はこの者に対し、前号に定める参加費の支払を免除することができる。
  14. 当会の会員から紹介を受けてゲストとして例会に参加する者は、1回に限り例会に参加することができる。
  15. ゲストとして例会に参加し、かつ当会へ入会しない者は、当会で知り得た会員に対するビジネスアピール、勧誘、ダイレクトメールの送付等、その他個人情報の使用をすることができない。
  16. 例会には、申込をした参加者本人が出席することとし、代理人による出席をすることができない。
  17. 準会員は、他会場への参加をすることができない。
  18. 会員間の仕事の受発注に関することについては、当該会員が相互に解決するものとし、当会は一切関与しない。

(会員資格の喪失)

第7条 当会の会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、会員の資格を喪失する。

  1. 入会金および年会費を支払わないとき。
  2. 当会の準会員のうち、当会に対し、入会から2年以内にゲスト参加者を紹介し、ゲスト参加者を入会させることができないとき。
  3. 退会届を提出したとき。
  4. 会員の所属する法人または個人の事業が消滅したとき。
  5. 当会を除名されたとき。

(退会)

第8条 会員は、当会の事務局長に退会届を提出し、任意に退会することができる。

  1. 守成クラブ本部へ直接連絡をして退会する事もできる。

(除名)

第9条 会員が、次の各号のいずれかに該当するときは、本規約第18条に規定する世話人会の決議により、当該会員を除名することができる。

  1. 当会の規約、および法令に違反したとき。
  2. 当会の名誉を傷つけ、当会の目的に反する行為をしたとき。
  3. 悪質なビジネスモデルであることが明らかであるとき。
  4. 宗教・政治・まち金・風俗・暴力団関係・マルチまがい商法・ギャンブル・霊感商法、ネットワークビジネス等および公序良俗に反するものを業とする者であることが明らかとなったとき。
  5. 世話人会において、除名の決議が可決されたとき。

2 前項の決議は、書面または電磁的記録によってすることができる。

(拠出金品の不返還)

第10条 会員が、当会に対し支払う入会金、年会費およびその他一切の拠出した金品は、会員に返還しない。

(胸章)

第11条 会員には、守成クラブ本部より胸章(以下、「バッジ」という。)を貸与する。

2 バッジの形態は、第6条に定めた会員種別によって、以下各号のとおり定める。

  1. 準会員  緑色のバッジ
  2. 正会員  赤色のバッジ
  3. ゴールド会員 金色のバッジ
  4. ダイヤ会員 ダイヤ型のバッジ

3 会員は、例会及び世話人会へ参加するときは、バッジを必ず着用するものとする。

例会時にバッジが無い場合は例会への参加が出来ません。(バッジ購入をお願いします)

4 バッジを紛失したときは、新たにバッジを購入しなければならない。バッジの価格は緑色と赤色については金1,000円とし、ゴールド、ダイヤについては附則で別に定める価格とする。

(自社PRおよびブース出展)

第12条 当会の正会員は、例会において自社PRおよびブース出展をすることができる。この場合、事務局に対し、事前に申請をし、事務局の承認を得なければならない。

  1. 自社PRおよびブース出展は、正会員である参加申込者本人が行うものとし、代理人(未入会会員)による自社PR及びブース出展をすることができない。ただし、守成クラブ会員は、販売の補助をすることができる。
  2. 当会の例会に参加する他会場の会員は、例会会場の全ての卓にチラシを配布することができる。
  3. 自社PRは無料とする。(先着5社)
  4. ブース出展は500円とする。(先着8社)【他会場は無料】

(協賛品)

第13条 会員が、協賛品を提供したいときは、事務局に品目と数量を申請し、三役の許可を得て例会の当日持参する方法で提供する。

第4章 世話人

(世話人の定数)

第14条 当会を運営するにあたり、世話人を置く。

世話人 10名以上

(世話人の任期)

第15条 世話人の任期は、特に設けない。

(世話人の報酬)

第16条 世話人は無報酬とする。

(世話人会)

第17条 三役は、月1回以上世話人会を招集し、世話人はこれに参加する。

(世話人会の運営)

第18条 世話人会を招集するときは、三役は世話人に対し、事前に通知する。

2 世話人会の決議は、世話人会において出席した世話人の過半数をもって行う。

3 世話人会は、当会の業務の執行、その他関係法令および本規約に定める事項を決議する。ただし、当会の通常の業務その他重要でない事項の決定は、世話人会の決議により、代表に委任することができる。

4 世話人会の議長は、三役がこれにあたる。ただし、三役は、他の世話人の中から議長を選任してもよいものとする。

(世話人の選任および解任)

第19条 会員の中に自ら世話人となることを希望する者またはすでに世話人である者の推薦による世話人候補者がいるときは、世話人会で当該者の承認を得る。

三役会で世話人を解任することができる。

(代表に欠員を生じた場合の措置)

第20条 代表が欠けた場合または規約で定めた代表の員数が欠けた場合には、副代表の互選により、代表代行を選任する。

2 前項の代表代行は、代表が不在の間についてのみ、代表としての権利義務を有する。

(役割)

第21条 世話人会の役割は、以下に定めるとおりとする。

  1. 当会の円滑な運営に協力すること。
  2. 第5章に定める役員の業務遂行の状況または当会の財務状況について、事務局会に意見を述べること。
  3. 当会の業務または関連法令あるいは本規約に違反する重大な事実があることが明らかであるときは、第6章に定める三役会を招集し、これを三役会に報告すること。

第5章 役員

(役員の定数)

第22条 役員は、世話人の中から以下のとおり選任する。

  1. 代表 1名
  2. 副代表 1名以上
  3. 事務局長 1名
  4. 会計 1名以上

(役員の任期)
第23条 役員の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する三役会の決議の終結の時までとする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠または増員によって就任した役員の任期は、前任者または現任者の任期の残存期間と同一のものとする。

(事務局所在地)

第24条 当会の事務局は、世話人会の決議により選任された事務局長の事務所または自宅に置く。ただし、世話人会の承認を得た場合、その他の役員の事業所または自宅に置くことができる。

(報酬)

第25条 役員は無報酬とする。

第6章 三役会

(三役会)

第26条 世話人会に、当会の役員で構成される三役会を置く。

2 三役会は、当会の役員で構成し、当会の運営に関連する業務を執行する。

3 三役会の決議は、三役会において出席した三役の過半数をもって行う。

4 役員は業務の執行にあたり、会員の中から世話人を選任または解任することができる。ただし、三役会において付議し、役員の過半数の承認を得なければならない。

第7章 会計

(会計原則)

第27条 当会の会計は、会計原則にしたがって行う。

(事務経費)

第28条 当会の通常の運営費以外に金銭の支出を要するときは、三役会の決議により、事務経費として支払うことができる。

(冠婚葬祭)

第29条 当会会員の冠婚葬祭に関し、当会および世話人会または三役会から慶弔金は支出しない。

(会計報告)

第30条 当会の事業に伴う予算および決算は、会計が作成し、世話人会に付議して世話人会の決議によって承認され、かつ三役の監査証明を受けなければならない。

2 前項の予算および決算は、例会において当会の会員に報告する。

第8章 事業年度

(事業年度)

第31条 当会の事業年度は、毎年11月1日に始まり、翌年10月31日に終わる。

第9章 個人情報保護

(個人情報の保護)

第32条 会員の個人情報は、事務局長が管理し、当会の適正な運営にのみ使用し、みだりに他の会員に公開してはならない。

第10章 附則

(最初の事業年度)

第33条 当会の最初の事業年度は、当会設立の日から平成28年10月31日までとする。

(設立日)

第34条 本会の設立日を平成28年9月1日とする。

(附則)

第35条 本規約に規定のない事項は、世話人会に付議し、世話人会の決議を得るとともに代表の承認を得て、代表がこれを定める。